DSP媒体の違いや特徴について

DSP媒体の違いや特徴について

最近、広告業界で注目されている「DSP広告」ですが、そもそもDSP広告というのは広告主が利用するプラットフォームを用い、アドネットワークという仕組みを利用した配信方法、またその広告自体のことを指し、これには複数のDSP媒体というものが存在します。

DSP媒体による違いとは、それぞれの特徴とは一体なんなのでしょうか。
Web広告運用代理店、「NDPマーケティング」の公式サイトでは、これらをわかりやすく3つの項目にまとめて紹介しています。
一つ紹介すると、ここではDMP(Data Management Platform)の違いというものが挙げられています。
このDMPとは、個人のデータが特定されることが無いようさまざまな方法を用いてデモグラフィックデータやサイコグラッフィクデータといったユーザーの情報を蓄積し、その中からカテゴライズしたオーディエンス(Audience)条件のデータを指しています。
これは簡単に言うと、不動産のサイトをよく調べている人には、不動産の広告が多く表示されるようにするといった、ネットを使っている方にとっては身近なものです。

難解な部分ももちろんありますが、当サイトではこういったウェブプロモーションに関するあらゆるサービスについて丁寧に説明を加えており、また、わからなくても相談できるメールフォームが設置されているため、広告配信、並びにDSP広告を利用したいと考えている方にとっては、大変メリットの大きいサイトであるといえます。
興味のある方は是非一度、アクセスしてみてください。

Web広告運用代理店、ウェブプロモーションならNDPマーケティング