プライバシーマークの申請手順!

プライバシーマークの申請手順!

個人情報が記載されている書類を机上に出しっぱなしにすることは、個人情報が漏洩してしまう可能性があるといえます。
日常的に個人情報の流出を防ぐことができる工夫は、ちょっとしたことにも多くあります。
例えば、情報を保管するキャビネットに鍵を付ける工夫やメール送付をする相手を間違わないことなど、ちょっとした工夫が沢山あります。

こういったちょっとした事から、ルールを作成する規定を作成して運用します。
Pマークを申請する前には、このルール作成をPMS構築といい、運用した後に申請をします。
審査を受けたあとにPマークが付与されるか決定され、付与される場合にはPマークの使用の開始です。
国内に拠点がある法人が対象で、個人情報保護のマネジメントシステムの審査基準に合っているか判断されます。
付与されたPマークは、名刺などに記載することができますので、企業が個人情報の管理を大切にしているかのPRポイントともなっています。
社内での啓発も大切ですし、社員教育も重要です。日常的にもPマークを運用することにより、2年後の更新に向けて安定した準備が進められていきます。
初めのうちにしっかりと申請に対する準備をすれば、更新もスムーズに行われることができる場合が多いそうです。